結婚指輪の形の選び方まとめ【5種類から選ぼう】

結婚指輪_形 結婚指輪

結婚指輪ってよく見ると形が違うんだけど、種類とかあるの?結婚指輪の形のについて詳しく知りたいな。

ここでは結婚指輪の形の選び方を解説します。

結婚指輪にはストレート・ウェーブ・V字・幅広・エタニティの5種類があります。

それぞれの形のメリット・デメリットをお伝えします。

\商品券プレゼント中/
マイナビウエディングジュエリーフェア

結婚指輪の形は大きく5種類

婚約指輪

結婚指輪の形は大きく5つに分けられます。

  • ストレート
  • ウェーブ
  • V字
  • 幅広
  • エタニティー

それぞれの形の特徴やメリット・デメリットをお伝えしますね。

結婚指輪の形①ストレート

ペアで用意された結婚指輪

最もオーソドックスな形の結婚指輪がストレート。

シンプルな形のため、日常的につけても邪魔にならないため、男性からも人気の形です。

主張しすぎない形のため、婚約指輪と合わせるなど、おしゃれに重ねづけすることも可能。

ただし、選ぶカップルが多いので形がかぶりたくない人は、ストレート以外を選ぶといいでしょう。

  • メリット:シンプルなので日常使いに便利
  • デメリット:人と形がかぶりやすい

結婚指輪の形②ウェーブ

おしゃれな婚約指輪

波打つようなS字カーブが特徴のウェーブ型の結婚指輪。

柔らかなカーブが入っているので、優しい印象を与えてくれるほか、指の太さを隠してくれたり、指を長く美しく見せる効果もあります。

デザイン性に優れているので、おしゃれさを求める人にぴったりですね。

ただし、仕事中にも身に付けたい人で、あまり注目を浴びたくない人は避けるべきでしょう。

  • メリット:おしゃれ、指を美しく見せてくれる
  • デメリット:派手に感じる場合もあり

結婚指輪の形③V字

シンプルな結婚指輪

デザイン性が優れているV字型の結婚指輪を選ぶカップルも多くいます。

V字の魅力はダイヤとの相性が格段に良いこと。

V字になっているところにダイヤをはめることで、ダイヤの存在をより際立たせることができます。

しかし、ウェーブ同様に、少し見た目を派手に感じて敬遠する人がいるのも事実。

また、V字になっている分、つけ心地を気にして選ばない人もいます。

  • メリット:デザイン性が高い、ダイヤを際立たせる
  • デメリット:派手に感じる場合あり、つけ心地が気になる

結婚指輪の形④幅広

ゴールドの結婚指輪

シンプルな形ながら、指輪自体の存在感を際立たせるなら幅広の指輪を選ぶのもあり。

ストレートの形ですが、面積が広いため、注目を浴びること間違いありません。

難点としては、指輪の幅が広いため、指が短く見えてしまうこと。

スレンダーに見せたいなら、ストレートやウェーブがおすすめです。

  • メリット:つけ心地よい、指輪の存在感アップ
  • デメリット:指が短く見えてしまう場合あり

結婚指輪の形⑤エタニティ

ゴールドの結婚指輪

ダイヤが指輪全体に散りばめられた珍しいタイプのエタニティー。

特に海外のブランドで多く扱われています。

ストレートやウェーブといったシンプルな形の指輪に対し、エタニティーは輝きが眩しいですね。

人と一風変わった結婚指輪をつけたい人はおすすめです。

デメリットがあるとすると、アフターケアが大変であること。

また、仕事に身につけて行きたい男性からはあまり選ばれない傾向にあります。

  • メリット:高級感ある、輝きが眩い
  • デメリット:ダイヤのアフターケアが大変

結婚指輪の形で人気なのはストレート

結婚指輪をつけた新郎新婦

ここまで5つの形の結婚指輪を紹介してきましたが、結婚指輪の形で最も選ばれているのがストレート。

結婚指輪を夫婦揃ってつけたいと考えているカップルにとって、男性でもつけやすいシンプルなストレートの形を選ぶ傾向にあります。

また、ストレートであれば修理やサイズ直しが比較的楽なため、後々のことを考えてストレートをセレクトする人も多いです。

ストレートの指輪を扱っているブランドも多いため、探すのも苦労しませんよ。

>>ゼクシィでストレートの結婚指輪を探す(公式サイトへ)

結婚指輪のタイプは内甲丸仕上げがおすすめ

結婚指輪のオリジナルデザイン

結婚指輪は形も重要ですが、内側の仕上げもつけ心地に大きく影響を与えるので大切です。

おすすめは、内側に軽く丸みを帯びてある内甲丸仕上げの結婚指輪。

内甲丸仕上げで作られた指輪は、指に食い込みにくく、長時間つけてもストレスを感じることがほとんどありません。

国内の指輪ブランドではほとんどが扱っていますが、指輪の形状によっては内甲丸仕上げにできないことも。

つけ心地を気にする人は内甲丸仕上げの指輪かチェックしてから購入しましょう。

結婚指輪の形に合わせて素材選びを

細めの結婚指輪

結婚指輪の形に合わせて、素材を選ぶのも重要。

例えばウェーブ型がいいと思っていても、木製でウェーブ型の結婚指輪はほとんどありません。

素材によっては加工が難しく、形を選べない場合があるので注意が必要です。

結婚指輪の素材はそれぞれメリット・デメリットがあるため、結婚指輪探しをする前に「結婚指輪は素材も大事!素材別のメリット・デメリットも解説」の記事で確認しましょう。

結婚指輪の形で費用は変わる?

植物と婚約指輪をつけた女性

結婚指輪の形によっては、かかる費用も変わります。

最も安く手に入るのが、扱っているブランドも多く、選ぶカップルも多いストレートタイプ。

ウェーブやV字にすると、加工が必要なため、少し高くなります。

最も高いのがエタニティー。ダイヤの数も多いため、相場も上がりますね。

結婚指輪の費用については「結婚指輪の相場はいくら?費用平均まとめ」の記事で詳しくまとめているので、合わせてご覧ください。

結婚指輪の形・種類の選び方まとめ

サプライズ用の婚約指輪

結婚指輪の形の選び方まとめです。

結婚指輪の形は下記の5つの種類があります。

  • ストレート
  • ウェーブ
  • V字
  • 幅広
  • エタニティー

この中で最も人気なのがストレート。

ストレートはつけ心地もよく、かかる費用も他の指輪と比べて安いので選ばれます。

また、夫婦ペアでつけたい人は、男性でもつけやすいシンプルなデザインを求めることからストレートを選ぶ傾向にありますよ。

これから結婚指輪探しをする人は、それぞれの形のメリット・デメリットを把握して探すようにしてくださいね。

また、指輪探しで得するにはゼクシィマイナビウエディングのキャンペーンの利用もおすすめ。

指輪ショップへの来店や指輪の購入金額に応じて、商品券をもらうことができます。

商品券キャンペーンの最新情報は下記で解説しているので、ぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました