結婚指輪のフルオーダーとセミオーダーの違いを解説!【オーダー方法は3つあり】

フルオーダーとセミオーダー_違いtop 結婚指輪

結婚指輪を作るときにフルオーダーとセミオーダーってあるんだけど、違いって何?費用も違うの?

このような疑問にお答えします。

結婚指輪はオーダー方法がフルオーダー、セミオーダーの二つがあります。

加えて「既製品」という、店舗にあるものをそのまま購入するスタイルも。

ここでは結婚指輪のフルオーダーとセミオーダーの違いや、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

\商品券プレゼント中/
マイナビウエディングジュエリーフェア

結婚指輪のフルオーダーとセミオーダーの違い

結婚式の控え室の新郎新婦

結婚指輪のフルオーダーとセミオーダーの違いは下記の通り。

  • フルオーダー→素材、デザイン、石の種類をイチから作る
  • セミオーダー→ブランドやショップに指輪のベースがあり、それをアレンジ

簡単に書くと上記の通り。

フルオーダーはブランドやショップには存在していない結婚指輪をイチから作ることになります。

デザインはもちろん、素材、石の種類やどこに入れるかの位置まで、ふたりのオーダー通りに作ることができます。

一方でセミオーダーは、結婚指輪のベースはすでにあり、ベースの結婚指輪にアレンジを加えていくオーダー方法。

石の種類を変更したり、ふたりのイニシャルや記念日を刻印することが可能です。

店舗にある結婚指輪を気に入れば、セミオーダーで注文することができますよ。

フルオーダーとセミオーダーでは費用も異なる

一点、注意点として、フルオーダーとセミオーダーではかかる費用が大きく異なります。

  • フルオーダー:31.0万円
  • セミオーダー:23.5万円

相場の平均値は上記の通りで、およそ7.5万円の差がありますね。

結婚指輪のオーダー方法別の費用相場は「結婚指輪の相場はオーダー方法によって変わる!【注意点を解説】」の記事でより詳しく解説しているので、参考にしてくださいね。

既製品を買うことも可能

結婚指輪のオーダー方法はフルオーダーやセミオーダーに加え、店舗にある既製品をそのまま購入することもできます。

既製品といってもサイズ直しや磨きなどの加工が必要なため、受け取りまでに時間はかかります。

また、店舗にあるからといってセミオーダーと比べて、安いわけではありません。

店舗にあるものが高額な素材や石、細かなデザインを施してある場合は値段も高くなりますよ。

結婚指輪をフルオーダーで頼むメリット・デメリット

手を繋いだカップル

結婚指輪をフルオーダーで注文するメリットとデメリットも見ていきましょう。

結婚指輪をフルオーダーで頼むメリット

結婚指輪をフルオーダーで頼むメリットとしては下記が挙げられます。

  • 素材やデザイン、石を自由に選べる
  • 世の中に一つしかない結婚指輪が持てる

フルオーダーの結婚指輪の魅力は、デザインだけでなく素材や石も選べるため、世界に二人しか持てない結婚指輪を作れること。

デザインにこだわりたい人はフルオーダーがおすすめですよ。

結婚指輪をフルオーダーで頼むデメリット

結婚指輪をフルオーダーで頼むデメリットは下記になります。

  • 費用が高額
  • できあがるまでに時間がかかる

一方デメリットは費用面が高額になることです。

セミオーダーや既製品を購入する場合と比べ、平均で5〜8万円ほど高くなります。

また、制作期間が長くなり、できあがるまである程度時間が必要なのもデメリット。

急いで結婚指輪を買う必要があるときは、フルオーダーでは間に合わない場合があるため注意が必要です。

結婚指輪をセミオーダーで頼むメリット・デメリット

男性用の結婚指輪

セミオーダーで結婚指輪を頼む場合のメリット・デメリットもチェックして、どちらの方法でオーダーするか決めましょう。

結婚指輪をセミオーダーで頼むメリット

結婚指輪をセミオーダーで注文するメリットが下記。

  • 仕上がりまでの時間がかからない
  • 費用相場が安い

セミオーダーで結婚指輪を購入する場合は、フルオーダーや既製品と比べて安く購入することができます。

また、ベースはあるため、刻印の追加や石の種類を変更しても、仕上がりまでの時間は短くて済みます。

結婚指輪を急いで手に入れたい人はフルオーダーでなく、セミオーダーで注文するといいでしょう。

あらかじめ結婚指輪をいつからつけるか決めて買うといいですよ。

結婚指輪をセミオーダーで頼むデメリット

結婚指輪をセミオーダーで頼むデメリットが下記になります。

  • 人とかぶる場合がある
  • 素材とデザインの自由度は少ない

セミオーダーの結婚指輪はあらかじめ決まった素材とデザインのものを選ぶことになります。

イニシャルや記念日の刻印を追加したり、石の種類を変えるなどのアレンジは可能ですが、デザインを大きく変えることはできません。

そのため刻印などを入れない場合、他人と同じ種類の結婚指輪になってしまうことも。

オリジナリティの少なさはセミオーダーの結婚指輪のデメリットと言えますね。

結婚指輪のフルオーダーとセミオーダーの違いまとめ

シンプルな結婚指輪

結婚指輪のフルオーダーとセミオーダーの違いのまとめです。

  • フルオーダー→素材、デザイン、石の種類をイチから作る
  • セミオーダー→ブランドやショップに指輪のベースがあり、それをアレンジ
  • 高額なのはフルオーダーで平均相場は31万円

フルオーダーの結婚指輪は、指輪の素材やデザイン、石の種類を自由に選べますが、その分費用が高くなる傾向にあります。

一方セミオーダーの結婚指輪は、安くて仕上がりまでの時間が短いですが、デザインの自由度があまりないという弱点も。

費用で比較すると、フルオーダーの方が平均費用で7〜8万円ほど高額になります。

結婚指輪にかけられる費用が少なく、できるだけ節約したい人はセミオーダーを選びましょう。

また、ウエディングサイトの商品券キャンペーンを活用して、少しでも節約につながげるのも有効な手段です。

キャンペーンでは、来店だけでも商品券がもらえるので、利用しない手はありませんよ。

タイトルとURLをコピーしました